2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  都ちょsakura    2006.04.18

TC-1 X-processed

クロスプロセスに関しては 「PHaT PHOTO」 の記事で知っていたのですが、
特に気に留めるレベルでもなく、ふ~んとスルー状態でした。

がっ!
タクマクニヒロさんのブログ で物凄い作品「ブルー・ノート」を
目にし、こりゃ~やってみるしかないと久しぶりに胸が高鳴りました。

とりあえず記事をザーッと読み、自分なりにイメージを膨らませてみます。

カメラはアンダー気味に上がり、なおかつ周辺光量落ちが期待できる
TC-1に決定、フィルムは味の異なる2種類を同日使い切り。
(銘柄の違いは思わぬ結果が出ました。これはまた後日 ^^)

量販店経由でプロラボへ
高価なリバーサルを本当にこんなことしていいのかと思いつつも、
「クロスでよろぴく~」とドキドキを隠しながら言ってみる。^^

この時点で出来上がりのイメージなんて真っ白です。
まったく想像がつかなくなっています。

これぞ銀塩の醍醐味♪ ではまた。

★人気blogランキング★ ←よろしかったら投票お願いします。



ということで、私のやったクロス処理は
ポジからネガを生成するというものです。

簡単に言うと、ポジフィルムをネガ用の現像液に浸けてしまうという荒業。^^

コントラスト・発色が強くなります。

X-processed
Deep Blue
街角スナップ写真
カメラの世界に魅せられて
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://pictbox.blog3.fc2.com/tb.php/450-ffca906f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。