2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  ビビット系ポジ    2006.01.25
フィルムの発色の違いがわかる写真がありましたので、
リバーサルを始めた方、またこれからやってみようと
思っている方は参考にしてみて下さい。
レンズが違いますが、同一露出(F8 1/250s)、同一ラボです。

E100VS    Velvia100F
Distagon28mm "KODAK E100VS"   Distagon18mm "FUJI Velvia100F"

フィルムはともに各メーカーの鮮やか系代表格。
空の色を見るとその違いは一目瞭然です。

E100VSはシアンに寄り、Velvia100Fはマゼンタに寄る。
(もっと適切な表現があるかもしれません)

E100VSをずーっと見たあと、Velvia100Fを見ると"赤い"と感じ、
その逆は"青い"と感じます。

FUJIの場合、これよりも更に赤味が強くなる"Velvia100"があります。

さて、これらの特徴を踏まえて日没(夕景)空を撮ったとすると、
赤味の強いVelvia系は夕焼け空をより印象的にし、
また、たいして綺麗な焼け方でなくてもそれなりの色を出します。

青味がかるE100VSは、オレンジから青、濃紺へと変化していく
日没空のグラデーションが美しく表現されると思います。

結論、お好みでどうぞ!^^

以上、独断と偏見で綴ってみました。

♪人気blogランキング♪ ←よろしかったら投票お願いします。
FUJICHROME byBlogPeople
EKTACHROME byBlogPeople
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://pictbox.blog3.fc2.com/tb.php/373-5106bfd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。