2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  栄枯盛衰    2005.05.29
銀塩を使っている人はご存知の方も多いと思いますが、
フジの "ベルビア" (ISO50)が製造中止になる(なった?)ようです。

風景写真家に絶大な人気を誇り、リバーサルフィルムの代名詞的な存在です。

市場が "デジタルへ" という流れよりも、それほど低感度フィルムを必要としなくなった
ってことでしょうか。
後発のベルビア100、100Fがそれに見劣りしないクオリティーを作り出すので、
ISO50はお役目終了といった印象です。

しかし、こだわりのある人には納得できない部分もあると思います。
"ベルビア100" は "ベルビア" と感度が違うだけと思いがちですが、
色合いが微妙に違うように思います。うまく説明できませんが、
感覚的に違いが存在すると思います。
"ベルビア" の発色が好きな人にとっては、"ベルビア100" ではその代用にならないでしょう。



メーカーがISO50フィルムとしての後釜に "フォルティア" をラインナップに乗せる
つもりならちょっと興ざめです。

と、フジの話を考えているそばから、昨日フィルムのアグファ(ドイツ)が破産したという
ニュースが入ってきました。
記事によると、こちらは「デジタルカメラの急速な普及による業績不振」が理由だそうです。

♪人気blogランキング♪ 参加中!
スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://pictbox.blog3.fc2.com/tb.php/140-6535e956
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。